プランテルex 成分

頭皮を健康にしてくれるプランテルexの成分についての紹介ページです。プランテルexがもつフケやかゆみを抑えてくれる3つの成分について調べたことをお伝えしています。
MENU

これで自信がつく!消極的な男に必要な3つの有効成分

プランテルexについて調べていたところ、使い続けていくうちに自信がついてきた!と積極的になった男性が何人かいらっしゃいました。髪の毛の悩みがなくなると男性は自信がもてるようになるものです。それほど薄毛のコンプレックスが解決される、また悩みが軽くなることは人生が激変することなのでしょう。そのような感覚を味わうためにはプランテルexに含まれている3つの有効成分を無視するわけにはいきません。

 

 

  1. センブリエキス
  2. グリチルリチン酸ジカリウム
  3. ジフェンヒドラミン塩酸塩

 

 

ご存知の方がいらっしゃるかもしれませんし、今まで聞いたことのない名前だという方もいらっしゃるでしょう。この3つの有効成分が男性の自信を取り戻してくれます。

 

 

 

センブリエキスについて

センブリエキスについてはテレビなどの罰ゲームで芸能人の方が飲んでいることは知っているけど、髪の毛や頭皮に重要な成分だとは知らなかったという方も多いはず。じつはセンブリエキスは育毛剤に含まれる成分として意外と有名なんですね。センブリエキスに含まれているスウェルチアマリンとキサントン、この2つは育毛に欠かせない有効成分です。

 

スウェルチアマリンは血行を改善する特徴があります。薄毛の部分というのは血流が悪くなっているせいで必要な栄養が送れていないケースがほとんど。ですから、血行改善することが薄毛改善に役立ってくれます。スウェルチアマリンは毛細血管といって体の隅々まで血液を送る管にまで入って運ばれます。

 

キサントンは頭皮への炎症を抑える成分です。また、毛細血管を通ってきたスウェルチアマリンと合わせて頭皮を改善し維持してくれる効果が期待できます。キサントンは髪の毛に悪影響(活性酸素)なものを抑える働きもしてくれますので育毛剤に欠かせません。

 

 

 

グリチルリチン酸ジカリウムについて

グリチルリチン酸ジカリウムというのは甘草(漢方)の根っこに含まれている成分です。おもに炎症対策として活躍する有効成分です。とくに今回のケースでは抜け毛対策としてグリチルリチン酸ジカリウムが働いてくれています。頼りになる成分ですね。最近のシャンプーにはこちらの有効成分が入っていることも多く、知らないうちに抜け毛予防していたということもあります。あなたが使っているシャンプーの成分一覧の中にグリチルリチン酸ジカリウムが書いてあればダブルの効果が期待できそうです。

 

 

 

ジフェンヒドラミン塩酸塩について

ジフェンヒドラミン塩酸塩は”頭皮のかゆみ”を抑えてくれる有効成分です。頭皮のかゆみといってもいくつかあると思いますが、ジフェンヒドラミン塩酸塩はアレルギー症状の原因にもなっているヒスタミンを抑える効果が期待できます。かゆみの原因をジフェンヒドラミン塩酸塩で抑えることによって頭皮を傷から守ってくれます。頭をよく掻きむしったり頭皮が痒いと気づいた方はヒスタミンが原因かもしれません。洗髪で清潔な頭皮にすることはとても大切な習慣ですが、かゆみの原因を知って有効成分を使って対処することも同じく大切です。無意識に掻いている方はジフェンヒドラミン塩酸塩が入っているプランテルexを使ってみるとかゆみが軽くなると思いますよ。

 

 

 

人気育毛剤の有効成分についてまとめてみた

1.センブリエキス
2.グリチルリチン酸ジカリウム
3.ジフェンヒドラミン塩酸塩

 

上記の有効成分の詳細についてお伝えしましたがいかがでしたか。聞いたことのない成分もあったでしょうが、抜け毛を予防してくれたり頭皮の炎症を軽くしてくれたりと、調べてみると薄毛対策に欠かせない成分だということがわかりました。で、実際に成分から育毛剤を探すととっても面倒くさいです。例えばセンブリエキスだけが入っていてグリチルリチン酸ジカリウムが入っていなかったりすると効果も半減しますよね。ですから、この3つの成分すべて含まれているプランテルexを使うと1個で3つの効果が得られるというわけです。このチャンス逃さないでくださいね。

 

>> 有効成分たっぷりで頼れるプランテルex詳細はこちら

 

 

 

このページの先頭へ