interior decoration

水漏れ修理の流れ

水漏れ修理依頼時の注意点

水漏れ修理でどうしてもすぐに直したい場合を除いて深夜や早朝の修理は、別途料金がかかることが多いので依頼する際はご注意ください。業者の通常営業が始まるまでは応急処置ですまし、通常営業が始まってから修理依頼される事をおすすめします。電話で業者に修理依頼する事が可能ですし概算の見積もりを事前に聞く事も可能な場合が多いです。何社かにお電話で見積もりを問い合わせてから依頼するのもよいでしょう。修理後にトラブルがあった場合に備えて、近所で営業していて店舗がきちんとある業者を選ぶようにしましょう。

応急処置をおこないましょう

水漏れの応急処置は、水道代の無駄防止や床の水びたしを避ける為には大変重要です。修理業者が来るまでの応急処置方法は、水漏れ箇所が目で確認できる場合はテープなどを巻きつけて水漏れを防止します。水漏れ箇所が目で確認できない場合や、テープでは水漏れをとめれない場合は止水栓を止めます。止水栓はメーターボックスの横などにあり、バルブを右にまわして家全体の水がでるのを止める事ができます。タンク式のトイレが水漏れをおこした場合は、タンクからでている管の止水栓を右に回すことでトイレのタンクの水だけを止めることができます。止水栓がどこにあるかわからない場合や、バルブが回らない場合は無理をせず業者が来るのをまちましょう。水漏れの修理業者が来るまでは、応急処置でのりきりましょう。