interior decoration

トイレの詰まりの原因

トイレに異物は流してはいけない

公衆便所などの張り紙に「異物は流さないでください」というフレーズが書き込まれているのを目にした事がある人は多いでしょう。これが示す通りトイレに異物は流してはいけないのです。なぜならそれらは高確率でトイレのつまりを引き起こすからです。しかし故意に落としてしまうのではなく、自分の気付かないところでうっかり異物を便器に落としてしまうというケースもあります。そして落とした事に気づかずに水を流してしまい、トイレを詰まらせてしまうというケースが非常に多いのです。

万が一異物を流してしまったら、専門業者を呼ぶ事

もしも携帯電話などの固形物をうっかりトイレに落としてしまったら、決して流してはいけません。ゴム手袋を着けて落とした物を確実に拾い上げましょう。異物さえ流さなければトイレのつまりはまず起こりません。焦らずに落ち着いて対処しましょう。もしも万が一異物を便器に流してしまったら、自力でそれを取るのはほぼ不可能です。つまりの原因で一番多いトイレットペーパーのケースならば、ラバーカップ(通称スッポン)を使って自分で直す事も出来ますが、それ以外の異物が原因の場合は、速やかに専門業者に電話をして修理スタッフを派遣してもらう方が良いでしょう。専門業者が使う専用の器具は一般家庭のそれとは違って、あらゆる事態にも対応できるからです。料金はつまり具合にもよりますが平均2000円から3000円といったところでしょう。